カウンセリング・心理療法

カウンセリングオフィスSARAでは、最初にご相談内容やこれまでの経緯、
ご家族のことやカウンセリングへの希望など背景を含めて広く相談内容をお聞きします。
そのうえで、今後のカウンセリングの方針などを検討します。
必要に応じて、心理検査、グループワークへの参加、他機関への紹介をお勧めすることもあります。

来談者中心療法・カウンセリング

来談者中心療法の創始者であるロジャーズは、人間の成長と変化の可能性を信じ、カウンセラーの使命は、 クライエントを受容し尊重することで、成長と可能性の実現を促す環境をつくることにあると考えました。

箱庭療法

箱庭療法は砂の入った箱の中にミニチュア玩具を置き、また砂自体を使って、自由に何かを表現したり、遊ぶことを通して行う心理療法です。気持ちをことばで表現することが苦手な方でもこころの中にはイメージがあります。そのイメージを表現してみることです。ドーラ・カルフの言う「さわやかな母子一体性」という見守りの中、 継して何回か作ることで少しずつこころの表現が深くなっていきます。

認知行動療法

クライエントが今現在抱えている問題の全体像を一緒に理解した上で、具体的な面接目標を立て、目標達成のために様々な技法を用いることがその特徴です。よく使われる技法には、たとえば「認知再構成法(ネガティブな考え方を自分で修正するための方法)」や「リラクセーション法」などがあります。 認知行動療法は、うつや不安などに効果があることが、諸研究によって確かめられている心理療法です。とくに心理的な問題の再発予防効果が高いことが知られています。

遊戯療法(プレイセラピー)

遊戯療法とは、カウンセラーが遊びを通して子どものこころにふれ、気持ちを汲み取り、ものの考え方を育てる心理療法です。大人の見守りの中、思いつくままに自由に遊ぶことで、好奇心と達成感を獲得していくことが子どもの真骨頂と言えるでしょう。多くは子育て、教育相談など養育者のカウンセリングと併行して進められます。

精神分析的心理療法

精神を分析するというと、セラピストがクライエントのこころを一方的に分析するというイメージがありますが、実際にはクライエントが自分のこころに率直に向き合ってそれをことばにするという作業にセラピストが同行する、というイメージの方が近いと思われます。 ある程度の時間と手間がかかります。根気よく自分に向き合ってみようという方にお勧めします。